ゼリアの雑談室

つぶやき:天が遣わした生ける奇跡こと聖人・前川喜平が嘘をつくわけないだろ、いい加減にしろ!

映画.comとクランクイン!! 嘘を書くな【オーガストウォーズ】

 映画に関するニュースなどを配信している映画情報サイト「映画.com」「クランクイン!!」が、8月公開のロシア映画『オーガストウォーズ』に関して虚偽とも取れる紛らわしい情報で構成された記事を掲載・配信していることがで判明した。
 何で分かったかって?だって、この映画(原題『オーガストエイト』)見たことあるもん。

 ロシア軍全面協力のロボット戦争大作「オーガストウォーズ」が8月日本上陸!

 ロシア軍全面協力の下、本物の軍兵器・銃器を用いて撮影された戦争スペクタクル大作「オーガストウォーズ」が8月10日に公開する。メドべージェフ首相も賛辞を贈ったという本作は、ハリウッド映画「ウォンテッド」に参加したチームがVFXを担当し、2008年8月8日に南オセチアで勃発したロシア・グルジア紛争を題材にしながら、巨大ロボット戦争も描くという前例のない映像でロシア国民を沸かせた話題作だ。

 激戦の最前線に取り残された息子を救うため、戦場を駆けるシングルマザーの壮絶なひとり旅を描く。ロシア映画界のヒットメーカーで、メガホンをとったジャニック・ファイジエフ監督は、「この映画は愛について、命について描いた映画なんだ。世の中、ここまで観客を恐怖のどん底に叩き落とさなければ伝わらない愛がある」と語る。

 1年の製作期間を費やした戦闘ロボットは、ハリウッド大作や日本のロボットアニメとは一味もふた味も違う斬新かつ独特なデザインで、ロシア軍が全面協力したバトル・シーンではスホーイ25戦闘機、ソビエト連邦時代に開発された戦車T-72、Mi-24ハインド攻撃ヘリコプターなどのロシア軍兵器がずらり。さらに迫力の銃撃戦では、AK-74M、PK機関銃、ドラグノフ狙撃銃などのロシア製銃器が大暴れし、ハリウッド映画では堪能することのできない物量作戦により、本物の迫力に満ちあふれた映像が出来上がった。

 変化球のロボット大作として戦闘ロボット映画ファンはもちろんのこと、戦争映画のパワーを叩きつけてくれる本作はミリタリー・マニアも満足させる一作だ。

 「オーガストウォーズ」は8月10日渋谷TOEIほか全国順次公開。

 http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20130423-00000006-eiga



 『オーガストウォーズ』公開決定!ミリタリーファンには堪らないリアル軍兵器登場

 ロシア軍全面協力のもと実現した驚愕のロボット戦争映画『オーガストウォーズ』の公開が8月10日に決定した。また、初解禁となるポスタービジュアルも公開された。 2008年8月8日。南オセチアで勃発した、ロシア・グルジア紛争―。この実際に起きた戦争を題材にしながら、巨大ロボット戦争も描くという前人未到の映像革命で、本国で話題騒然となり、メドヴェージェフ首相も賛辞を贈った映画『オーガストウォーズ』。ロシア軍全面協力の下、本物の軍兵器・銃器が雲霞の如く登場、さらにハリウッド映画『ウォンテッド』に参加したチームがVFXを担当し、映画史上前例のない圧倒的な迫力の戦争スペクタクルエンターテインメントとなる。

 本作で、ロシア映画史上前例のない圧倒的迫力のロボット・バトルを実現するべく製作された戦闘ロボットは、『トランスフォーマー』シリーズや『パシフィック・リム』、そして日本のロボットアニメとは一味もふた味も違う斬新かつ独特なデザイン。ロシア軍が全面協力したという迫力のバトル・シーンは、スホーイ25戦闘機、ソビエト連邦時代に開発された戦車T‐72、Mi‐24ハインド攻撃ヘリコプターなどミリタリー・アニマにはたまらないロシア軍兵器が登場。さらに、ド迫力の銃撃戦でもAK‐74M、PK機関銃、ドラグノフ狙撃銃などのロシア製銃器が大暴れし、ハリウッド映画では堪能することのできない物量作戦により、本物の迫力に満ち溢れた戦争映画のパワーを叩きつける。

 2008年8月8日。南オセチアにグルジア軍が侵攻。ロシア軍との激しい戦闘が勃発した―。モスクワで母親のクセーニアと2人で暮らす5歳になるチョーマは、今は離れて暮らす父親に会うため、この日、たった一人でこの地に来ていた。しかし久しぶりの再開を果たすや否や、父親はグルジア軍の砲撃により即死。チョーマは激戦の最前線に一人きりで取り残されてしまう。息子の危機を知ったクセーニアは、激しい戦闘が繰り広げられる南オセチアへ単身乗り込むのだったが、辿りついた地で彼女が目にした戦場――。そこは、巨大ロボットと軍事兵器が対峙する、人知を超えた世界であった―。

 『オーガストウォーズ』は8月10日より全国順次ロードショー

 http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20130423-00024323-hollywood


 映画情報を専門にしたサイトが配信してる記事だし、なにより去年公開された映画だったから、本編をちゃんと観賞した上で記事にしているものだと思ってた。ところが蓋を開けてみれば、嘘八百に塗れた情報が書き連ねてあるという。そこらの映画ファン、映画マニアのブログのほうがよっぽどちゃんとした記事を書いてる。
 上記の2つの記事に関して確実に言えることは、『オーガストウォーズ』の記事を書いた「映画.com」「クランクイン!!」の記者さんは、本編を一度も見たことがなく、ポスターやトレーラー、他サイトの情報だけで記事を書いたということだ。

 ちゃんと映画を見てたらロボット戦争大作、巨大ロボット戦争、ロボット戦争映画、ロボット・バトルなんて文言を書けるはずがないんだよ。
 だって、あのロボットは…

 子供が戦争の恐怖という現実から目を逸らすために生み出した空想の産物なんだもの!!!

 映画『オーガストウォーズ(原題:オーガストエイト)』には、子供の目に映る空想上の巨大ロボットこそ登場し描写されども、巨大ロボット戦争ロボットバトルといったシーンは一切なく、また戦争スペクタクルエンターテインメントなどというバカなライターが空っぽの頭をフル稼働させて考えたであろう薄っぺらいジャンルの作品でもない。
 ロシア側に都合のいいプロパガンダも交えていることは否めないが、作品そのものは戦争映画として一見の価値がある良作だ。

 専門サイトが何でこういういい加減な記事を書くかな…。
関連記事
スポンサーサイト
初めまして、しかし、え・・・うそ・・・。
いや、予告編でシングルマザーがいらないとは思っていたがそんなレベルの話ではないぞ・・・
[ 2013/08/09 00:40 ] [ 編集 ]
本編を見ないで、配給元からもらった資料をリライトしているだけ、という記者さんやライターさんは珍しくないと思いますよ。
[ 2013/08/09 11:13 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
映画の出来は申し分ないんです。子供が現実の過酷さや残酷さから目をそらすための描写、母の強さ、プロパガンダにならぬようグルジア兵を一方的な側面で描かないよう配慮してるなど悪い作品ではないと思います。
ただ、映画サイトの記事だけが群を抜いて酷かったんです。
お盆・夏休みシーズンは他にも目を見張る作品が公開されるので優先順位は低くなりますが、映画好き・映画ファンなら一見の価値はあるかと。
[ 2013/08/10 23:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
リライトするだけ、ということもあるんですね。
でも、かなり有名な映画サイトで記事を執筆する記者やライターさんには、手抜きはしてほしくないですね。
作品そのものの価値を貶めたり、サイトの信頼性にも関わることなので。
ただ、映画の内容そのものは悪くないと個人的には思いました。
[ 2013/08/10 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア他

Author:ゼリア他
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

昔の記事を見直すと文章の長さに驚かされる

ゲーム(任天堂)
B0748MLKN1
B071GQ49F3
Blu-ray(外国映画)
B073XLYH5B
B0749VHYJ7
B073J1BGJ9