FC2ブログ

ゼリアの雑談室

つぶやき:トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。あんま困ることもないんで。

今日の東武配信の備忘録やら雑記

 東武動物公園 ZOOっと友達 チャンネル
  2018年6月6日(水)配信
 ・朝ぶらTOBUZOO

 朝ぶらTOBUZOO
 今日はいつもの場所で9時から放送開始。
 東武の降水確率は70%で現在パラッとした雨模様。6月から毎週水曜日が休園日になったので今日は東武はお休み。
 普段より放送スタートが早いのは10時からお客様がやって来るため。なので1時間枠だがちょっと早めに放送を切り上げるとのこと。

 アムールヒョウのカランは階段の上でおすわり。

 園内には工事や整備等をする人や業者の車両が駐車されている。
 と、シタツンガ舎付近で「ぎょむれん(業務連絡)いいですか?」とKDUおねえさんが話しかけてきたので音声を切る。一瞬の声でわかるようになったニコチーたち。
 エジプトガンのけもフレパネルの荒々しさ(別の飼育員は女子プロレスラーみたいと評していた)に触れて、珍しく手前まで来ているシタツンガを写す。エジプトガンはペアの絆が強い。パネルの隣の説明板の写真を見せていると、再度音声が切れる。この時間帯だと業務連絡が多いそう。

 この時期は草木の生えるスピードが早く1週間でボッサボサになる。
 ゾウ舎前のゾウのけもフレパネルも草に隠れかかっており、このままだとあっという間に埋もれてしまうそう。
 園内各所に工事車両が止まっており、ふれあいどうぶつの森前に止まってる車両はカンガルーステップの木を1本伐採するとのことで、YMDやNMTおねえさんらが車両を誘導する。なお、YMDはYMDTを家でも普段着や寝巻き代わりに着用しているそう。

 ふれあいどうぶつの森前のけもフレパネル4枚(サーバル、アライさん、フェネック、ホワイトタイガー)は自然な佇まいでいい、と中へ。
 ラブラドールレトリバーのきなこのもとへ行くと、立ち上がって尻尾を振って出迎えてくれはするものの、すぐに「餌をくれないおじさん」と分かって塩対応に戻る。
 森の教室の窓に貼られた「いきものAZ」のポスターを写す。ポスターのおじさんをYMDはGBL映画でおなじみの巨匠MYZKHYOと誤認した。
 アルダブラゾウガメのマンネンは今日は過ごしやすいこともあって動きがアクティブだそう。

 ふれあいどうぶつの森をあとにしてペンギン舎へ。
 横泳ぎするバニラがお出迎え。擬岩から小さな滝のように流れ出る水がお気に入りの師匠。

 オットセイプールへ。
 ゆうゆうと泳ぐポプーたちを写しながら音質が今ひとつという話をする。音響に弱いことに定評がある東武。

 モンキーワールド内はほとんどのサルが出ておらず。引き続き、プロの声質・声量をカバーできるマイクや音響は大事という話を続ける。ジェフロイクモザルはすでに出ている。吠えているのは奥で飼育されているエリマキキツネザル。
 師匠も個人で配信していた頃はいろいろマイクを試していたという話をしつつ、モンキーワールドを後にする。
 ラマを写して朝食中のフタコブラクダ舎のジャンとマリーを写しつつ、各メーカーのマイクの話をしながら小獣舎へ。
 タヌキのタヌオだけが獣舎内にいて他はまだ出ていない。この様子だとミーアキャットもおそらく出ていないだろう、と師匠は次のエリアへ。

 静かなガチョウ広場に近づき撮影。広場手前のベンチには吉野家からのキャベツが箱に入れられて積み重ねられている。
 yosinoyaと書かれた箱の他にPOT&POTの箱が。動物園のイベントで子供たちにバックヤードを見学してもらった折に、箱になんて書いてあるか訪ねたら子供は「ぽっとぽっと」と答えたそう。本当はyosinoyaと書かれた箱を持ってくるつもりが別の箱を持ってきてしまっためそこで話が終わってしまった、と。
 このエピソードは未だに話すだけで笑いのツボを刺激するそうで、話を披露している間も師匠は笑いを堪えきれなかった。

 珍しくワニ館に立ち寄り、これまた珍しく出ているカミツキガメとちょっと見えにくいワニガメをうつす。
 似ているようで見た目はだいぶ違うそう。
 仲よさげに寄り添っているメガネカイマンを写す。パネルの写真はプロの方…ではなく以前東武に務めていて今は定年で退職されたカメラ好きな方が撮ったものをほとんど使っている。

 その後、サル山方面まで移動しながら、プロの人が使用するデジカメはSDカードではなくて画像データを無線で飛ばすタイプを使っているという話に。シャッターチャンスの時にデータでいっぱいで撮れなかったなんてことがないように、と。
 そういう話を撮影のために東武を訪れたプロカメランの人としたそうな。その方も岩合スタイルでラクダを撮っていた。
 動画と写真それぞれ良し悪しやらナショジオのカメラマンのプロ根性と集中力、執念の話をしつつヘビクイワシのパックンチョやら岩の上に飛び乗って荒ぶる鷹のポーズを披露するアンデスコンドルを撮る。翼を広げると180~200cmあるという。説明が終わると羽ばたいてフェンスの手前まで飛び降りてきた。
 師匠も3,4年担当していたが長生きだそう。クビの上がハゲあがっているのは獲物を食べるときに頭を突っ込んだ際に羽が汚れないように進化したみたいな話がある。
 皮膚が弛んでることもあって注射のさいに掴むのに苦労する。掴みどころがない鳥。

 クレインで馬に跨っているのは会員ではなく先生がた。教える側も訓練して切磋琢磨しないといけない。

 バードドームは休園日なのでまだ施錠されている。

 クレインは他の乗馬クラブに比べて安めと宣伝をして、トッピークラブの会員も募集中とこちらの宣伝も忘れない。
 クレインは小1から入会可能。乗馬試乗会は5600円。
 厩舎から顔を出してる馬を撮影。窓の下には個体のデータを記したパネルがある。アイリーン。
 クレインは入会金の他に月謝やその他もろもろかかる。師匠もやろうと思っていたが「…やめました」と。コメント欄では金銭的なと囃し立てられるが、諸所の事情でと濁す。
 15分無料レッスンを受けたことはあるがただ馬に乗るだけなのにきつかったそうで。15分で足が動かなくなって、走ることもままならず普段の師匠走りよりひどい格好で走る羽目になった、と。
 先生方はスリムな方(筋肉質)が多い。乗馬で身体が引き締められるため。
 見た目の優雅さとは裏腹にハード。
 上手い人に話を聞くと走る時はそんなに揺れない。早足の時が一番揺れが激しく身体が上下に揺さぶられる。
 流鏑馬の技量の凄さに舌を巻く師匠。なお生ではなくドキュメンタリーで見たそう。

 ペンギン舎ではエダマメが1羽佇んでいたら、後ろから走ってきたバニラがプールに飛び込む。それを見てエダマメも水際まで来るけど飛び込まない。師匠いわく、エダマメはビール感があるそう。
 バニラが上がると入れ替わりに水の中へ。
 そばの岩の上では3羽が身を寄せ合って乗っている。

 ヒグマの森前、伐採作業中の車両やヒグマの森の獣舎内で作業してる人らを写してお別れ。


 吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り





 雑記:
 ルフィ像設置の話。
 予算1300万円はふるさとくまもと応援寄付金から捻出。
 皆そんなゴミを作らせるために熊本県に寄付したんじゃない。そのお金を少しでも熊本地震の被災者に充てれば、昨年打ち切られた医療費支援を継続できたよね。
 設置場所は県庁敷地内
 知事の自己満で県庁に設置って県政の私物化じゃないの?それと県庁の駐車場、休日は閉鎖されるけど観光客や見物客はどうするのさ?熊本城とか熊本新港じゃいかんのか?
 元も子もないけど、ルフィ像設置の意義がまったく無いよね。ワンピースのファン以外誰も喜ばないよね。
 どうしても作るなら麦わら海賊団全員+αとか、足元に「夏目友人帳」のにゃんこ先生置くとか、ルフィの隣に「鋼の錬金術師」のアルフォンス・エルリックの銅像も立てるとかしようよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
フリーエリア
バナー
カレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【13件】
2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【19件】
2018年 06月 【20件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【22件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【16件】
2017年 12月 【20件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア(仮設住まい)

Author:ゼリア(仮設住まい)
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

トラックバックもリンクもご自由にどうぞ。