FC2ブログ

ゼリアの雑談室

つぶやき:トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。あんま困ることもないんで。

2018年6月10日の東武配信(じゅん★じゅんととくも)の備忘録やら雑記

 東武動物公園 ZOOっと友達 チャンネル
  2018年6月10日()配信
 ・ぶらり園内散歩 ~じゅん★じゅんと一緒~

 ぶらり園内散歩 ~じゅん★じゅんと一緒~
 ヒグマの森前から「どうぶつ図鑑」のMCを担当しているじゅん★じゅん(以下、JJと表記)と構成作家のとくもをゲストに迎えての配信。雨がぱらつく中、出発するふれあい動物パレードを見学する。
 トッピーを先頭にアライさん(トイレで一緒になったそう)とジェフロイクモザルのローズを見つけ手を振る。他は大体普段のパレードと同じ面子。ミナミアフリカオットセイのムーン、ベニコンゴウインコのサニー、ボックス内のフンボルトペンギンはエダマメとササダンゴのずんだコンビ。最後尾はフタコブラクダのマリーちゃん。
 MCはYMDにもがっきーことMGK。YMDの喋りの旨さや間のとり方に舌を巻くJJ。
 2人はラクダもパレードに参加していることに驚く。
 先週、「どうぶつ図鑑」にゲスト出演した広報のSRISさんはいつものパレードの先導役ではなくJJたちのお供に。
 オットセイプールの観客席最上段(通称ニコチーテラス)からはパレードに向かって手を振るニコチーたちの姿が。
 今日は雨天にもかかわらずお客さんが多い。「JJ効果」とJJが言うと「そうですね」と相槌を打つ師匠。否定してくれないと言った自分が恥ずかしい、とJJ。
 サニーが普段見慣れない人物が2人いることに動揺し、かなり派手に威嚇する。
 エダマメとササダンゴを紹介して、どうぶつ図鑑のJJととくもが来ていることも紹介。
 パレードの先頭まで進むと、JJには特別にパレードカーの後部座席、トッピーの隣に座ってもらう。
 来賓のように沿道に手を振るJJ。
選挙活動みたいw
 パレードカーのすぐ後ろのアライさんにも手を振るJJ。
 パレードは今日は休憩なしに折り返し。実はガチョウたちもパレードに参加していた。カメラをSRISに渡して師匠、JJ、とくもの3人を写す。撮られるのは緊張する師匠。カメラがないと落ち着かないので代わりに傘を持つ。

 パレードと別れ、これからバックヤードの方に向かうことに。
 東武では120種類を飼育。ゆっくり回ったら一日かかるか下手したら足りないほど。
 けもフレとコラボ中なのでパネルを紹介しつつ、まずはエジプトガンを紹介。放飼場のかなり奥にいる。師匠が珍しく動物の生態等を説明。
 エジプトガンは凶暴で繁殖期に入ると飼育員すら襲う。なお展示場内のヒエラルキーは最下位。
 シタツンガは珍しく、東武が開園した当初はここにしかいなかった。ココから他の園館に写っていったが、それでも飼育している園は少ない。牛の仲間。
 説明を聞いてるさなか、とくもが傘を閉じてJJの傘の中に入ってくる。
J「自分の傘持って
と「師匠の話聞こう
 今はウシ目だが、以前は偶蹄目。奇蹄目は今はウマ目。犬はネコ目イヌ科。ネコ目は食肉目と分かりやすかったのに今は分かりにくくなった。
 楽屋のような部屋を用意してもらってそこに師匠が尋ねてきたら、打ち合わせよりも長い時間、ファンから貰ったフィギュアやパネルを紹介したりと自慢が続いた、と。
 なお放送の台本は紙1枚。晴天時と雨天時の大まかなタイムスケジュールを記したもののみ。JJ的には雨天のほうがOPとEDがあるから良かったらしい。
 パレードがあったので台本は役に立たなくなった。来週の図鑑で皆(スタッフや出演者)に見せるそう。

 パレードの車列が帰ってくる中、一行は一般客が入れないバックヤードに。車庫に入れてあるライオンヘッドの車は以前パレードで使っていたもの。
 師匠が東武に入社した平成初期にはとくもはまだ生まれていない。片隅に積まれていたフンに驚く2人。水に浸かっていたとはいえ想像とは違うものに興味津々。匂いを嗅ごうとして鼻先に押し付けられるなどする。
 そこへパレードを終えてお疲れな様子のトッピーが帰ってくる。
お疲れ様です!おかえりなさい!
 置いてあるフンはカバ2頭がこの5日間に屋内の獣舎でしたものだそう。
 次に吉野家から非可食部のキャベツを頂いてると紹介し、まずはゾウ舎の内部へ。裏手から放飼場で待ち受けているアイちゃんとキョウコちゃんを間近に見るが電波が悪くちょくちょく映像が止まってしまう。
 再開するとJJがアイちゃんにキャベツを投げたところ。アイちゃんはそれをまたたく間に掴んで口の中へ。
 36歳ぐらいで人間と同じぐらい生きる。昔はトレーニングをしていたが、という話をしているとアイちゃんが水を飛ばしてくる。
 知らない人が来るとイタズラしてくるそうで、SRISさんも以前全身に被ってしまったそう。

 ゾウ舎を後にしてカバ舎へ。屋根の一部が無く、雨漏りどころか直に振り込んでくる。
師「プール深いんで落ちないでくださいw
J「振りかな?
 顔のてっぺんだけを水面から見せてこちらをうかがうズーくん。
 檻に使っている建材は東武鉄道の古いレールを使用したもの湿気にも強くほぼ錆びない。
 尺とバッテリーを気にしつつ、次の場所へ。
 もともと動物好きだったが「どうぶつ図鑑」を始めてからはそれなりに知識も増えてきたというJJ。動物園や水族館にとくもと一緒に行く機会が増えてきた。とくもはミーアキャットが好き。
 生態は似てるが、プレーリードッグとミーアキャットは全くの別種。
J「師匠はいくちゃんのどこが好きなんですか?
と「それは聞いとこう
 いつから? 最初から。映像で見るのと本物で見るのは違う。東武におしのびで来ることが合って会うたびに綺麗になっていく、と。
 とくももaikoが好きなのでいつか一緒に行きましょう、と。

 幽霊が出るサイ舎へ。積まれた乾草はルーサン(アルファルファという名前が一般的)というマメ科の植物とチモシーというイネ科の植物。あとはペレット(動物ごとに味を変えてる。高カロリー)やヘイキューブも。
S「電波がやばい
 回復してOKと安堵した直後に止まる。師匠がいい話やアカデミックな話をしようとするたびに止まるって、東武の電波は師匠に恨みでもあるんだろうか。
 映像が再開すると、サイ舎の裏手に出るところ。
 ミナミシロサイのヨシコさんを間近に見て「カッコイイー」「でっけぇー」と興奮する2人。シロサイ、クロサイの違いは体皮の色ではなく聞き間違いに基づくものなど、さらにヨシコはガンテツ存命中は控えめな性格だったがガンテツ没後は消沈するかと思いきやむしろ元気になったという逸話も紹介。
 ここの鉄柵も線路を再利用したもの。獣舎に通じる外壁の一部はヨシコが角研ぎでちょっと壊した。
 隙間がずいぶんあって師匠も当初は不安だったが動物はそもそもデカイので通り抜けられない。
 さらに幽霊が出るという話も披露。師匠が下積みだった頃の話をしようとすると電波が止まる。そういや幽霊が出るときって電波の調子が悪くなるよなぁ。
 なお、Wi-Fiを窓際に置くと大丈夫だそう。
 話の引き出しが多い師匠に感心するJJ。

 次はSRISさんが一番好きな動物キリン。ガラからどれがどの個体か当てようとしている間に、師匠は扉を開けて奥へ。
 キリンたちが凝視するなか、左からティナ、ホープ、ナツコと見事に当てる。ナツコが近づいてきてエランドもなにか貰えるのではと柵のそばまでやってくる。
 エランドも角は落ちない。カメラに顔を近づけ匂いをかぐエランド。
 キリンが走る真似を披露する師匠。顔が面白い、と。
 シマウマも1頭ごとに名前がついていて担当は区別できるそう。キリンが落としたルーサンをつまみ食いするエランド。キリンはシマウマの群れの真ん中を無理やり通り抜けていった。
 飼育課長としてしっかり説明と仕事をこなす師匠の姿に安心するJJととくも。
 扉を閉めるSRISさんが置いてかれる中、クルーズの話に盛り上がる一行。
 ダチョウの卵(本物)を持たせてもらい重さに驚き感嘆する。
 殻を渡したあとに臭いので、と師匠が注意を促すも後の祭り。あまりの臭さJJととくもだけでなく渡した師匠本人も悶絶する。手を洗いに裏の水道へ。
 トラップにかかった方も仕掛けた方も匂いトラップでひどい目に遭い、爆笑するSRIS。
 JJととくもだから良かったものの、ちくたむだったら土下座モノ。ダチョウの卵は踏んでも割れないほど頑丈だが、内部から割る分には容易。
 再来週のどうぶつ図鑑に出演する師匠。「今日みたいに台本掻いてきてもらっていいですか?」ととくもに無茶振りされる。自分の好きなように書いて築田に言わせていい、と悪魔の言葉をささやく。
 ステージの公開収録でも私物化していた奔放師匠(築田とだけ3度握手する)。

 サバンナエリアを後にして、地面の足跡の話に。サバンナエリアが奥まったところにあるので際の足跡を目印に…と工夫をしている。
 放送後フードエリアで食べていくようでおすすめを聞いてくる。SRISさんのおすすめはハローバーグカレー。視聴者のおすすめはハム串。
師「いまカバランチとかないの?
S「カバランチ、なんですかそれ?
 SRISさんも初めて聞くメニュー。オリジナルの思いつきではなく、カバ園長がいた頃にカバランチなるものがあったそう。師匠も食べたことがないので美味しいかは不明だが人にはすすめる。

 一行はいつもの場所ことキャットワールド(猛獣舎)へ。
 アムールヒョウ舎の前へ行き説明する。北限のヒョウ。ベルクマンの法則で寒い地方に住むやつほどでかくなる。アレンの法則と対になってるとコメントにあった。
 次はチーター舎へ。樹上に登ることはないが、飼育していざ台を設置すると不安定な場所にもかかわらず登ってくつろいでお気に入りの場所になった。横になってリラックスしてる。
 ミーアキャット舎へ行くとライオン舎のドームの穴から顔をのぞかせていた。晴れててライオンが出ているとまずいかない。とくもが「かわいぃ~」と乙女な声を出してこの日一番の喜びの表情を見せる。
 コメントでよく見るミルワームの件を聞かれるJJ。
師「食べたんですか?
J「食べてないです、食べろと言われてるだけで
 ミルワームの件はコメントでもようやく落ち着いてきたそうだが、ここにきて蒸し返す師匠。
 壁際にいるライオンオンストームとモカを紹介。名前を忘れてしまう。コメント数と来場者数をSRISが間違えてしまい、思わず師匠も仰天。
 一番の目玉ホワイトタイガー舎へ。ロッキーが出ている。
 野生化にはいないベンガルトラの白変種。ホワイトタイガー同士をかけ合わせても時折白くない子が生まれてくる。
 師匠の顔を覚えているのかついてくるロッキー。
 隣の獣舎のカーラのもとへ。見た目はカーラは綺麗、ロッキーはふざけた感じがあると評する師匠。
 せっかくなので、と師匠のご厚意でホワイトタイガー舎の裏側へ。置いけぼりを食らうSRISをよそにずんずん進む一行。おもちゃ代わりに与えた馬の大腿骨が足元に。今日は特別にご飯を与えることが出来る。餌やりコーナーは毎週土曜日にやっている。
 餌を前に興奮と喜びをあらわにするロッキー。差し入れると態度とは裏腹に優しくゆっくりと食べていく。ゴロゴロ唸り声を上げながら檻の前を行き来する。肉がなくなると分かるや立ち去る。
 次は隣のライオン舎の裏へ。
 モカが顔をのぞかせ、枠に手をかける。肉を差し出すと身を乗り出すようにしてこちらも優しく食べる。師匠が焦らして与えたせいかグルグル唸り、しまいには吠える。身を乗り出してきても動じず檻の前に顔を近づける師匠。
 スケジュール通りに順調に進行している。

 次はマレーバクのコトちゃんのもとへ。今日は雨で外に出ていないので、裏手へ。
 ここで広告が50万を超える。
 獣舎内に入り「ここ電波どうなんだろう、皆さんtmtだったら言ってくださいね」で一瞬映像が止まるも幸いなことにすぐに回復。
 獣舎でお休み中のコトちゃんのもとへ。身体の半分がだいぶ真っ白に。3ヶ月で35.5kg。
 JJも撫でてバク臭を嗅いでみるが、先程のダチョウの卵の殻の匂いが取れない。一番臭いのはスカンクだそうで、東武で飼育していたこともある。匂いがついたまま事務所に戻ると事務所中に臭いが蔓延した。玉ねぎの腐ったような強烈さ。
 説明の間、SRISさんは外の放飼場にいるフタコブラクダを撮影。ニコチーが外から配信をうかがう中、ジャンがこちらへやってくるが扉を開けても入ってこない。どういうわけか来ないそう。
 2頭ともオランダから来て搬送しているとこをニコ生でも配信した、と。積み下ろし作業はプロの業者に頼んだが箱が傾いてしまい生放送なのにあわや放送事故という事態に。マリーもこちらに気づいて一瞬凝視。
 ジャンのコブは一時期倒れていたが、だいぶ持ち直してきた。「あと15分です」とSRISさんに告げられ、師匠は2人の許可なしに問答無用で30分延長。
 この間にYMDが来たそうだが映像停止中で強制的にカットされた。
 ニュースゼロの取材で桐谷美玲が来たことも自慢。師匠の顔がニヤけてることをJJに指摘されてしまう。
 コトちゃんとお別れしてオットセイプールへ。帰ろうとするとコトちゃんが身を乗り出して飛び出さんばかりの勢いを。

 オットセイへ向かう前にモンキーワールドへ。ジェフロイクモザルを紹介。人に寄ってきて一行の前でも元気に所狭しと飛び回る姿を写す。
 1頭だけ展示されているシロテテナガザルのトッキー。背中を向けてる姿に「やさぐれてる」ととくも。
 シシオザルの獣舎は荒廃。植栽の木などもことごとく食べつくされボロボロに。
 ブラッザグエノン(顔がかっこいい)、アビシニアコロブス(相談乗ってくれそう)、と感想を口にする。
 フサオマキザルは餌が取られるのでは、と急いで手にして離れる。介護ザルとして介護の現場で活用されることも。
 マンドリルの鮮やかなお尻をみて「志茂田景樹」と評するJJ。追うエビゾウ、逃げるウメ。こちらにお尻を向けてくれる。
 マントヒヒの獣舎前では桃のようなお尻に感嘆の声を漏らす。
 延長して止まってる間にYMDがオンの感じで「皆さんこのあとオットセイがー」と来たけど延長で止まっていた。
 最近メガネをやめてコンタクトにしたそう。顔が小さい、昔の写真を見るともっと若かったそう。

 オットセイプールの前ではYMDがサクラTを来ていた。今日は雨でショーが出来ないのでケープとふれあいが。
 触ると思っていたのと違う、と驚く。さらに触ってめくるとペロッとなる。上毛と下毛で二層構造になっている。直接肌に水がつかない。オットセイは水が直に肌に触れないようできてるので痩せていても体温調節が可能。アザラシは毛が少ないので丸々と太らせて脂肪で寒さ対策をする。
 ノシと元気よく手を振るケープ。頭がよく出す計算問題に答えられる、とYMD。「またはじまりましたよ」と師匠。
2+3は?」「ヴォー
 もっと難しくしても出来る。「100-95は?」「ヴォー
 答えよりも吠える声に驚いている。空気読める人じゃないと出来ない。5にならない問題を出すスタッフがたまにいる。
 信号で渡っていい色は?と聞くが、ケープがまさかの裏切り。「アォ」と鳴かず。その後は逆立ちやいろいろ芸を披露する姿に放送を忘れて見入ってしまうJJととくも。

 そして次はペンギン舎へ。
 雨天で外に出ているはずのキングペンギンが見つからず師匠はMCを放棄して展示場で探しに。とビールが師匠を追いかけてくる。ペンギン舎の外から悠々と泳ぐキングペンギンを眺める。
 暑くなるとなかなか見られなくなる光景。
 プールに飛び込むか飛び込まないか躊躇してなかなか飛び込まないビール。結局飛び込まず立ち去る。

 ペンギン舎を後に最後の動物を見に行く。ふれあいどうぶつの森に。うさぎやひよこも人気はあるが、とカメラを2人に向けて移さないようにしながら進む。
 JJととくもは見てはいけない何かを見てしまったらしく、笑いつつも困惑とした様子でその動物のもとに。
 アルパカのコナユキの元へ。毛刈りされて綿棒みたいな貧相な姿に。全部刈ってしまうとアルパカとわからなくなるのであえて頭の部分だけ残す。夏場はあれでいい。森の教室に行く前にアルダブラゾウガメのマンネンのもとに。雨のおかげで元気に立ち上がって出迎えてくれる。鼻の頭が柔らかいそうで触る。
 その後、いろいろ生態のアカデミックな説明を経て森の教室内へ。
 頭まで刈られたハクトとこちらも頭の毛が残っているマシロの元へ。可愛さにめろめろになるが、手の匂いが残っているのかプイっと顔を背けられてしまう。
 ヒツジに比べると毛が細く刈りやすい。ヒツジは脂っぽい。
 これをもって全行程終了。

 ベンチに座る3人のラストトークと毎週木曜にニコ生で配信している「どうぶつ図鑑」の宣伝で無事放送終了。




 雑記:
 歴代最強と名高いサッカー日本代表・西野ジャパン(ポリバレントジャパン)。
 船出後はガーナ戦、スイス戦と無得点で惜敗を喫し続けるなど苦杯をなめさせられていたが、わずかに2戦で成長と進化が結果として表れた。
 日本が掲げるポリバレントさが大いに発揮された試合は、点差以上に圧倒的な実力差を見せつけた。名将・西野朗のポリバレントな選手起用と戦術がズバリ的中し、南米でも屈指の強豪パラグアイ代表を4-2で下した。
 勝因はただ1つ。世界を震撼させる日本のポリバレントサッカーそのものだ。パラグアイ代表は日本のポリバレントサッカーの前に終始浮足立っているように見えた。前半こそ先制して折り返しはしたものの、後半に入ってもポリバレントへの対処ができぬまま逆転を許してしまい(そのうち1点はオウンゴール)リードを守れなかった。
 パラグアイ代表のポリバレンタリティ不足とポリバレンタリズムの欠如が明らかになった一方、最強西野ジャパンはポリバレントで試合を終始コントロールしパラグアイにゲーム支配させなかった。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
フリーエリア
バナー
カレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【13件】
2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【19件】
2018年 06月 【20件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【22件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【16件】
2017年 12月 【20件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア(仮設住まい)

Author:ゼリア(仮設住まい)
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

トラックバックもリンクもご自由にどうぞ。