FC2ブログ

ゼリアの雑談室

つぶやき:トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。あんま困ることもないんで。

ポリバレント・サッカーを捨てた弱小国の末路

 2点リード後、ポリバレントなサッカーを自ら放棄して日本代表は自滅した。
 健闘など褒められる内容では断じてない。歴史的惨敗。

 後半7分、2-0でリードするまでは日本代表は非常にポリバレントなサッカーでベルギーを抑え込みさらに圧倒していた。
 が、ここまでだった。
 この直後の試合展開こそが、勝ち進む者・強豪国ベルギーと自ら負けを選ぶ者・弱小国日本の差を如実に示していた。
 選手のみならず名将・西野朗監督にもこれまで抑えてきたオサレでスタイリッシュな俺たちのサッカー(笑)で勝ちたいという欲求が首をもたげてしまい、チーム全体にまたたく間に蔓延。短期間で結実させたポリバレントなサッカーを捨てたこの瞬間にベルギーの勝利が確定し、日本の敗退は決定した。あとは坂道を転げ落ちるが如く。その後、目を覆いたくなるほどの酷い試合を全世界に晒してしまったことは周知の事実だ。感動も何もあったものではない。自らの弱く負けに向かうサッカーに固執した結果は順当なものといえる。
 グループリーグ最終戦のポーランド戦で見せた貪欲な姿勢はどこに消えたのか。恥ずかしいほどの惨敗といっていい。
 
 勝者・ベルギーにあって敗者・日本に足りなかったものは何か。それは我慢強さと忍耐にほかならない。
 日本はオサレでスタイリッシュな俺たちのサッカー(笑)を封印し、ブーイングを浴びようとも批判に晒されようとも玉回しで逃げ切る選択肢を取れなかった、取らなかった。ここにすべてが集約されている。
 
 ただし収穫はゼロではなかった。むしろ大豊作だったと言っていい。
 ポーランド戦で見せたルールに則った汚い試合運び(褒め言葉)こそ一番の収穫と言える。周囲の批判やブーイングもどこ吹く風と、なりふり構わぬ姿勢で目標の達成に邁進する。これこそが成長の証と言える。
 ここに日本サッカーの未来を見つけただけに、ベルギー戦での悪癖の露呈からの自滅は残念でならなかった。
 
 今メディアが報じてるような「感動をありがとう」や「ベルギー戦は良かった」という薄っぺらく中身がない意見や感想は無意味どころか害悪ですらある。
 これが大多数をしめるようでは、日本サッカーに未来はない。
 ポーランド戦の意地汚い試合運び(褒め言葉)とポリバレントなサッカーに心を打たれ学んでこそ日本サッカーが強くなる道が開ける。
 サッカーに携わっているすべての選手と指導者はポーランド戦で日本代表が見せた進歩へのあくなき試合運びこそを絶賛し真似してもらいたい。


 名将・西野朗のベルギー戦後半を除くポリバレントな卓越した指揮と指導力は見事だったが、それと大会直前の解任劇というJFAの醜態は切り離して総括をしなければならない。これで会長が安泰なようでは日本サッカーの足を引っ張ることになる。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
フリーエリア
バナー
カレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【13件】
2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【19件】
2018年 06月 【20件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【22件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【16件】
2017年 12月 【20件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア(仮設住まい)

Author:ゼリア(仮設住まい)
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

トラックバックもリンクもご自由にどうぞ。