FC2ブログ

ゼリアの雑談室

つぶやき:トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。あんま困ることもないんで。

今日の東武配信の備忘録やら雑記

 東武動物公園 ZOOっと友達 チャンネル
  2018年7月4日(水)配信
 ・朝ぶらTOBUZOO

 朝ぶらTOBUZOO
 いつもの場所ことホワイトタイガー舎前から放送を開始するも、東武は雨模様。
 カーラは雨にもかかわらず舎内で尻尾をピコピコさせてごろ寝。なお寝てる場所は少なからず雨が降り込むとのこと。
 スカイはおすわりしてお出迎え。と、起き上がって師匠に並走するようについてくるが、やっぱり足がびっこ引いたようになる。
 ライオンのモカは擬岩の上でおやすみ。ストームはフレーム内にはいなかった。
 すぐ隣のミーアキャット舎はスルーしてチーターのカンパを撮影。涼しいので普段より動きはいいそう。
 アムールヒョウ(どちらかは不明)は出入り口の階段で伏せてお休み中。

 徐々に雨足が強まってくるなか、フラミンゴ池のフラミンゴ出勤の様子を撮影。扉が開かれるとフラミンゴたちが雨がふりしきるなか羽をばたつかせながら駆け出してきて次々と池の中へ飛び込んでいく。そしてやはり1羽だけ出遅れる子が。

 フードコートの間を通りながら、滑川のフラミンゴショーの話をする。おじさん2人でやってたそうだが、見事なフラミンゴ捌きだったそうで。師匠が猛禽担当時に滑川でアンデスコンドルの繁殖に成功したとのことで担当の方に話を聞きに行った際、見物したそう。

 サバンナエリアへ。
 ダチョウたちはそれぞれ好きな場所に。なぜかダンは隣の放飼場に通じる扉の前で待機。その隣の放飼場ではシマウマやキリンが屋根付きの下で雨宿り中だったが、ナツコとティナはなぜか2人連れ立って出ていき奥の方へ。ホープは身体が大きいためか頭が屋根の下に入らず。
 ミナミシロサイのヨシコさんは屋根付きの下でお食事中。

 YMDも無事激流から帰還して今日は出社してるそう。
 激流からタイの洞窟遭難でサッカーチームのコーチと少年たちが無事だった件やら昔あったチリの鉱山の落盤事故の話やらしながら、サバンナをあとにしてゾウ舎へ。アイちゃんとキョウコちゃんを撮影。

 引き続きタイの洞窟の話をしながらカバ舎のすでに濁っているプールを写し、わととの前を通って遊園地の遊具のアナウンスを聞きながら水位がやたら低いペンギン舎へ。
 ペンギン舎たちはフルグレの擬岩周辺にたむろ。激流から帰ってきたYMDを撮影してると気づいて扉を開けて出てくる。タイの子供たちと同じ扱いをされるYMD。

 師匠も子供時代、海で溺れかけたことがあり、その時は自宅で水難事故のニュースを見ている光景が走馬灯のように頭をよぎったそう。幸運にも釣りに来てたどっかの名前も分からない兄ちゃんに助けられたため事なきを得た。
 もし溺れてる人がいたら助けようとは思ってるそうだが、幸いにしてそういうシチュエーションには遭遇していない。
 人命救助ではないが、長瀞に行った際シュノーケリングで潜ったら水底でメガネを発見し無事持ち主に届けることが出来たことがある。泳いでる最中に落としたそうで感謝されたとのこと。

 なんて話をしながら小獣舎でまだ出ていないミーアキャット舎から戻り、ガチョウ広場へ。
 シュノーケルは昔はただの管だったが、今は弁が付いてるので水を出しやすいといった説明をする。水を飲むとパニックになりかけるそう。ただスキューバーをする気にはなれないそう。

 毛並みが最高なワピチのマーサ(地面の草を食べてる)を近接で撮影。
 水入れ中のビーバー舎はほぼスルーする形で隣のバイソン舎を撮って回りながら、パートナーが亡くなったあとはどちらのヨシコも元気になったみたいな話をして、逆パターンだと気落ちすることが多いといった話をしつつサル山を撮影し、次の話題へ。

 雨上がりにアスファルトの上で死んでるミミズが大量にいる。出てきてそのまま水分が抜けて落命。インスタ花壇からYMD橋を渡りつつ、雨がやんだので傘をたたみ猛禽舎へ。
 シロフクロウ、ヘビクイワシのパックンチョ、そのご両親と写していく。

 所要で5分ほど離席していたので、この間は何を撮影して話していたかは分からず。

 バードドームへ。
 昔はバードドームはカラスが止まってる梁のあたりまで網が張ってあったが、整備等が大変だったので低くした。師匠が担当時は高所が苦手なので変わってもらってた。
 オシドリは4羽のひなを確認。これぐらいの大きさになるともうほぼ問題なしで大丈夫そう。他の3羽は見当たらないのでほぼ確実にダメなのではないか、と。

 わんこヴィレッジの敷地内へ。梅雨は明けたけど梅雨っぽい、と。
 わんこヴィレッジの前を通り過ぎ、週末のみ開店中のYMDの森を写す。

 平日なので客の入りは少なめ。西ゲートの出口から脱柵。ゲートすぐ脇の林はカブトムシが取れるのでそろそろ夜に親子連れの姿も見られるようになる、と。
 カラスに食われたカブトムシの残骸の話をしながらクレイン脇を通り、食べるものが無くなったら幼虫でも食いそう、と。
 蜂の子やイナゴの佃煮の話をしつつ、たまにショウリョウバッタが入ってると不味い、と日本産動物舎へ。
 飴の中に入ってるミルワームの話をして、じっとしてるリスを撮り、誰もいないキツネ舎を写し、寝そべってたりウロウロしてるタヌキを写す。

 前の道路を走り去るホープ野郎号を見届け、ほぼ一周してYMD橋を渡り、戻りながら昨日のコトちゃん定点の話を。
 事務所のPCだとどうやっても配信を見られないそう。他のニコ生なら見られるが、東武配信だけは画面が真っ暗なままで、個人のIDでログインしてもダメだそう。コメント欄ではセキュリティソフトに起因してるのではないか、と。

 ペンギン舎へ再度到着し、プカプカ泳いでるペンギンを写して、SKRIおねえさんとYMDを撮影。
 YMDからフルグレパネルが継続してる話になり、グッチさんに「やらなきゃ意味ないよ」と日大タックルでおなじみのUCDのお言葉を口にする。パネル継続はいつの間にかYMDの手柄になった。
 ちなみにザリガニのフレンズの絵はグッチさんに持ってかれたそう。怪人ということで却下された。

 わととへ。店舗の壁のポスターはおおにしおにいさんおじさんとに訂正され。
 涼しい店内へ。商品を紹介。ひよこが一番売れ筋。師匠は初代店長だったが、業績悪化でクビになった。元気なビルマニシキヘビのコウくん(副店長)を写し、東武オリジナルではないホワイトタイガーTシャツを紹介。
 店内のけもフレグッズ関連のパネルもおおにしおじさんに訂正済み。
 飼育員お手製商品を紹介。エミューの羽を使ったアクセや師匠デザインのフクロウ木札を紹介。
 のび~る半熟たまごは子供たちにいたぶられて真っ黒になってたが、新しいものに取り替えた。
 ふれあい側にズッ友グッズや無料のうちわが置いてある。
 プールに頭から下の首あたりを沈めて涼むこちらもビルマニシキヘビのフクちゃん(店長)を撮って、わととを後にする。

 外に出るとまた雨が降り始め、傘をさして店外へ。
 最後はおいかけっこ(ケンカではないそう)をして展示場内を疾駆するブラックバックを撮影してお別れ。


 シュノーケルマスク スノーケルセット BGVANG フルフェイス型180°超広角 防曇設計 ダイビングシュノーケリング マスク用具 スポーツカメラ取付可能 自由に呼吸可能 男女兼用 (ブラック&S/M) 


 雑記:
 現在使用中のVivaldiブラウザを1.16.1211.3から1.16.1221.3にアップデートしたら一部のサイトでページのスクロールができなくなるなど不具合が出て、仕方なくバックアップしていた以前のバージョンに戻したら…メモの一部(日曜の夜配信)が消えた。
 原因はおそらくChromium 67にアップデートされたこと。65の時はスムーズに読み込みもスクロールも出来ていたので(素人考えなので実際のとこは不明)。拡張切っても改善されなかったからなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
フリーエリア
バナー
カレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【13件】
2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【19件】
2018年 06月 【20件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【22件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【16件】
2017年 12月 【20件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア(仮設住まい)

Author:ゼリア(仮設住まい)
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

トラックバックもリンクもご自由にどうぞ。