FC2ブログ

ゼリアの雑談室

つぶやき:トラックバックやリンクはご自由にどうぞ。あんま困ることもないんで。

昨日の東武配信(ホタルの小径)の備忘録やら雑記

  2018年7月21日()配信
 東武動物公園 ZOOっと友達 チャンネル
  ・朝ぶらTOBUZOO
  ・ホタルの小径とサマーナイトZOO

 ホタルの小径とサマーナイトZOO
 夕暮れと呼ぶにはまだ明るい東武から挨拶して配信開始。
 ホタルの小径は先週と同じく7時20分からだそうだが、その時間帯きっかりにニコ生隊が入るのは難しそうなので、閉園直前、蛍の光が流れる時間に合わせて赴くことに。
 それまでは園内を歩いて見て回る。

 まずはコラボ中の進撃パネルを写し、その後はにく肉ビール祭りがフードエリアに。
 テーブル席の一角には配信でよく見る顔ぶれの十数人のニコチーたちが一同に介して酒宴に興じていた。
 けもフレ音楽会に行き、ガーデンに行って、ここで打ち上げ。
 師匠はまだハム串を食べたことがなく、去年は食べようと思っていたらすでに終わっていたとか。
 アルコール類はアサヒの樽生、サッポロの黒ラベル、レーベンブロイ、ヒューガルテン、ベルビュー、さらにスパークリングワインのポールスター。
 いい感じに焼けているハム串やら串ものを写す。牛タン串は今日から販売開始。

 祭りの屋台や夜店の話をしながらサバンナエリアへ到着すると、ダチョウのダンくんがお出迎え。そのまま師匠が歩くのに合わせてぴったり離れずくっついてくる。
 隣のシマウマとキリンの放飼場にはシマウマとキリンの姿が。夜間屋内に戻すエランド以外は出したままに。
 映像ではかなり明るく撮れているが、これはiPhoneの補正によるもので実際はもう少し薄暗いとのこと。
 アベックがいつからカップルという呼称になったかという話をしながらサバンナを出てフードエリアに戻ってくる。

 ほたるの小径の開始時間に合わせて配信すればいいのにとセルフツッコミを入れるが、事務仕事ばかりで飽きたと口にし、
お付き合いくださいw
 観覧車をバックに沈む夕日を写す。師匠はかっぱ寿司派。

 今日はHOLAでライブがあった帰りだそうで紫色の面々もちらほらいるが、ニコチーではないそう。
 園のスタッフに話を聞きつつ、紫に親近感を覚える、と口にする師匠。午後5時ごろゾウ舎の裏手にいた折、ライブの合いの手が響いていたそうで。
 師匠夫人はエグザイルが好きで、師匠も何度かライブについて行ったそう。まだTAKAHIROが入った頃とかでという話をしながら遊園地のレインボータウンに。

 進撃エリアに到着し、等身大フィギュアを撮影。
 リヴァイ、エレン、立体機動装置、大迫力の超大型巨人(ベルトルト)の原寸大頭部と写していく。
 あとは売店エリアのタペストリー、コスチュームやスマホケースやら写し、展示売店コーナー前で販売中の「調査兵団のケバブサンド」(コラボ期間外は普通のケバブサンド)と調理中の兄ちゃんを写す。ノリがいいのか手を振ってくれて、師匠も振り返す。

 夜の帳が下りてきて水面に光を映すウォーターリリー(メリーゴーランド)を撮影。ここの馬の鞍に人の顔が描いてあるそうで、それを知らない人が写真を撮影したら心霊写真みたいに写ってしまい問い合わせがあったとか。そのお客さんが心霊と思ったのは、子供さんが帰宅後に熱を出してしまったからだそう。なお子供さんは単純にはしゃぎすぎただけだった。

 すでに小径は始まっているが、回り始めた回転木馬を写してから橋を渡り移動。
 昔は酔いやすく酔い止めを飲むことも出来なかったとか。梅干しやらアロエやら師匠祖母の民間療法の話をしつつ、イルミネーションが点灯した電車の脇を通って観覧車の下を通っていく。師匠祖母は87才でまだお元気だそうで。
 …師匠47、8だよね。87って若くね?
 曾祖母の家に師匠の親戚が一同に介したさいの話やらを延々しながら動物園エリアに到着。

 いつの間にか園内は真っ暗になり、外灯に照らされたゾウ舎のアイちゃんとキョウコちゃんを写す。夜は涼しいのか日中より活発に動いてる感じ。
 カバも動いてるそうだが、お客さんが観察中だったので近寄らず。

 実家のペンギン舎に到着。フルグレ岩の前では女性の飼育員(おそらくNMTが)ペンギンと戯れつつちょっとしたガイドを。
 なおYMDはホタルの小径に駆り出されているそう。

 キレイなビーバープールを泳ぐビーバーの親子を撮影するが、リンゴは手付かず。

 乗馬コーナーからYMD橋を通るルートで向かう。業務部の課長とすれ違い、「お疲れ様でーす」と挨拶を交わす。
 YMD橋を渡りながら女性のニコチーと思しき紫色のシャツを着た人々をよく見るようになった、という話も。

 ホタルの小径が開かれている日本産動物舎に到着すると、先週と同じ場所で同じように看板を携えて立っているOOKBくんを発見。看板にライトが付いて見えやすくなった。
 かなり大勢いるが画面は真っ暗で見えにくい。師匠が挨拶していた相手が誰かもわからない。
 巨人(グッチさん)も来ているそう。
 巨匠KMNGさんの姿を見つけたので、改めてホタルが発光する仕組みを解説してもらう。
 ルシフェリンとルシフェラーゼとATP(アデノシン三リン酸)とマグネシウムと酸素が体内で生成、合成されて光る。
 最後尾の看板を手にしている職員に声をかけると、聞き慣れた声で返事を返してくる。
 照明はつけられないがスマホのライトで手伝いに駆り出されたYMDの顔は照らす。眩しがるYMDの隣からグッチさんも。
師「巨人じゃないですか
グ「違いますよ
 配信があるなら誘ってくれとボヤくYMDに、師匠は「誘ったけどホタルの小径があるから」と断られたことを指摘すると、お構いなしに「俺も配信やりてぇですよ」とYMD。
やらせてあげればいいじゃないですか
 とグッチさんもYMD側に立って加勢すると、
師匠「やらせてやるよ。ペンギン舎しかやらねえじゃねえかw
グ「自分ばっかやって
師「やれよw
Y「俺も師匠になりたいですよ
 最近はKDUおねえさんも暑くてやりたがらないそう。YMDは話したいことがたくさんあるのでやりたい、と頼むが、師匠は動物の話じゃなく自分の話がしたいんでしょ、と。
 ここでグッチさんから前回のホタル配信を見て兵庫から来たという方がいた、と教えてもらう。
 遠方から来園する方もいて東武配信の経済効果は半端ない、経済活動に多大な貢献してるという師匠。
 YMDは「人との出会いですよ」といいとこをかっさらっていく。
 蛍の光が流れ始めてそろそろ終わりそうなので、入場。ニコチーさんと一緒に観察。
 酔っ払って出来上がってるニコチーと共に入場前の注意を聞く。
 逃げたホタルは回収が難しいのかそのままだそう。
 混雑しているのでゆっくりお進みください、というKUYMおかあさんの案内で中に。
 ちょっと進むと
期間限定展示・日本固有種
 暑い夏、お客様を
ゾットさせる何かがいます。

 と小さな照明に照らされた看板が。覗くとアオダイショウが。
これYMD来たら終わりだな
 万蛍鏡はお客さんで混んでるので、また別の機会にと。
 鮮やかな蛍光色の光を放つ無数のホタルをしばらく観察。
 MRKMさんの説明によると、オスメス両方光るそうだがオスは発光線が2本あるので光がより一層強いらしい。数が多くいいると、余計に強く光を放つそう。よく見ると、光点が2つあるのがよく分かる。
 配信はMRKMさんにいつの間にやら交代。解説の声が可愛いと言われて「よく言われまーすw」と。
 途端に師匠に変わりケツボコメが弾幕のように流れる。なおキツネは出ていないそう。
 ホタルの小径をこのへんで後にして、西ゲート方面へ。

 野生のカブトムシがいるかどうか見に行こう、と。まだ時間が早いかもしれないがもしかしたらいるかも知れないとのこと。何箇所かポイントを見積もっているとか。
 忘れ物でお客さんの呼び出しアナウンスが流れてるけどおしゃべりに夢中で音声シャットを忘れてしまう師匠。
 早々にわんこヴィレッジ前へと。ここにあるクヌギは蜜が出すぎてスズメバチも来て危ないので、コンクリでうろを塞いでしまったため何もおらず。
 カブ森のなかには当然いるそうで、一本蜜が流れているやつがあったので、と見に行く。大量の蜜で溢れているが、まだ時間が早いのか何もおらず。奥はまだ可能性があるそうだが、蚊が大量にいるので行きたくないそう。
 と1本の木で樹液を吸っているメスを発見。触ると怒る。
 もうちょい奥へ歩を進めるが、蚊が多いエリアは避けてYMDの森を後にする。

 ゲートの外のもう1本のエリアに向かう。ゲートのすぐ外の照らされた公衆電話を写すとちょっとおどろおどろしい雰囲気が。その隣のクヌギは樹液は出ているもののカブトムシの姿はなく。
 何本か回っていると「いた!」と声を上げるがゴキブリだった。しかも逃げてしまう。
捕まえたかった、クソ!
 手づかみできることを実証したかったそう。再度発見し逃げるゴキに手を伸ばし捕まえようとするがすばしっこく逃げられてしまう。
 別の木にはカミキリムシを発見。あとは甲虫やゴキが。
 最後の木には蜜を吸う蛾やちょっと大きめの蛾が。最後の最後は動物園なのに昆虫配信に。

 来週もホタルの小径配信をやるというのと、ほたリウムという年中観察できる施設があると宣伝してトイレのホワイトタイガーに吠えてもらってお別れ。




 雑記:
 近所にもホタルが出る川が何箇所かある(5月頭から中旬ぐらいまで見られた)。ただ、なにより数が少なかった。
 来年あたりはもう見られないかもしれんね。
 増やして放せばいいという単純な話でもないし。地域ごとに遺伝子だかDNAに差があって交雑するとなんやかんややってたとか。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
フリーエリア
バナー
カレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
月別アーカイブ

2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【13件】
2018年 08月 【21件】
2018年 07月 【19件】
2018年 06月 【20件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【22件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【16件】
2017年 12月 【20件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【14件】
2017年 09月 【31件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【8件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【32件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【32件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【33件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【31件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【32件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【32件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【33件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【33件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【38件】
2011年 01月 【39件】
2010年 12月 【41件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【44件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【35件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【33件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【34件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【44件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【42件】
2009年 06月 【25件】
2009年 05月 【42件】
2009年 04月 【36件】
2009年 03月 【42件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【46件】
2008年 10月 【42件】
2008年 09月 【36件】
2008年 08月 【41件】
2008年 07月 【43件】
2008年 06月 【37件】
2008年 05月 【37件】
2008年 04月 【38件】
2008年 03月 【36件】
2008年 02月 【43件】
2008年 01月 【46件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【39件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【40件】
2007年 08月 【35件】
2007年 07月 【44件】
2007年 06月 【42件】
2007年 05月 【42件】
2007年 04月 【36件】
2007年 03月 【37件】
2007年 02月 【32件】
2007年 01月 【37件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【33件】
2006年 10月 【48件】
2006年 09月 【53件】
2006年 08月 【42件】
2006年 07月 【30件】
2006年 06月 【5件】
2006年 03月 【25件】
2006年 02月 【37件】
2006年 01月 【39件】
2005年 12月 【17件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【25件】
2005年 09月 【24件】

プロフィール

ゼリア(仮設住まい)

Author:ゼリア(仮設住まい)
ここの管理人:ゼリア
名前の由来はフロントミッションのパーツから
同名の製薬会社とは無関係です

トラックバックもリンクもご自由にどうぞ。